うつ病を引き起してしまう原因と治療までの流れ

遺伝の関与

カウンセリング

うつ病がなぜ起こるのかまだまだ原因不明な点は多くありますが、様々な研究結果から遺伝子も関係していることが確認されています。うつ病になりやすい遺伝的素因を持っておりそれが本人の持つ性格と環境的な要因も合わさってうつ病が発症すると考えられています。親子や兄弟など近い親族内にうつ病患者がいると家族内の発症率は1.5~3倍ほどだといわれています。また一卵性双生児でも一人がうつ病を発症するともう一人も発症する確率は25~93%とかなり高い確率で遺伝も関係していることが考えられます。これらのことより親族や血縁のある親族にうつ病の人がいると家庭内でもうつ病になりやすいことからうつ病発症に遺伝も関係していることがわかってきていますが、あくまでも遺伝は原因の一部だとお考えいただきたいです。また最近では、脳のうつ病患者の多くに形に異常があることが報告されており、特に前頭葉や小脳、大脳基底核の萎縮が共通として見つかっていることも報告されています。うつ病の人には共通してみられる気質があり、うつ病になりやすい性格の遺伝が関係あると言われています。性格はある程度遺伝しますが、必ずしもうつ病になるとは限りません。性格の特徴として、大きく言うと執着性格、メランコリー親和型性格、循環気質、自己愛性格の4つになります。まず執着性格ですが、完璧主義者、几帳面、真面目、正義感が強く責任感が人一倍強く、真剣すぎて融通が利かない上に頑張りするため休むことができないのが原因でうつ病になりやすいです。次はメランコリー親和型性格ですが、生真面目で周囲との調和に苦手意識があり人への気遣いも普通の人より高いので、気を使いすぎてストレスをため込みやすくうつ病を発症しやすいとされています。循環気質の持ち主は簡単に言うと躁うつ病の人に多い性格です。明るく活発で社交的で善良、親切という陽気な気質の持ち主は躁に傾いていると思えば突如、ガクッとうつに傾き落ち込んでしまう上がり下がりの激しいバランスが不安定な気質とされています。最後に自己愛性格ですが、経験が浅く自己愛の強いタイプで、他人への依存が強いのですが、他人への配慮はなく失敗すると自分の責任ではなく他人に責任があると考えてしまします。そのため物事がうまくいかないことも多く、その葛藤がストレスの原因となってうつ病に発症すると言われています。