うつ病を引き起してしまう原因と治療までの流れ

治療期間と流れ

看護師

うつ病と診断されてから症状が良くなるまでの期間は、だいたいが3か月から6か月でよくなるとされています。しかし中には長い間治療を必要とする人も多く、1年~2年間治療に費やする患者さんもいます。治療する手段としてうつ病の薬を処方されることもあり、その薬(抗うつ薬)にはいくつか種類があります。薬によって効果にも違いがでてくるので医師は患者の症状と原因を知り、よく把握して処方する薬を決めることが必要になります。うつ病の薬はほかの薬と少し違いがあり、その効果があらわれるのに4~6週間かかる事もあります。うつ病の薬には副作用もあります、薬が原因として起こる症状が眠気やだるさなどです。なかには頭痛やめまい口の渇きが起こることもあり、下痢や吐き気など消化器官に異常が出ることもあります。薬を飲み始めて1週間以内に副作用が原因で症状がでるとされているので、治療初期の副作用が出始めたころにどのような対応をするかどうかで、うつ病を早くなおせるかどうかがかかっています。お薬の効果よりも、副作用のほうが早く出てしまう事があるのでめげずに続けていくことが大事です。またお薬を飲み始めるタイミングは医師と相談をしたうえでじっくり決めましょう。まずは医師との良好な関係性を築くことが大事です。医師はプロなのでなんでも正直に話をすることが大事です。その話の中で医師は年密な治療計画を立てます。なかには処方された薬をきちんと飲まずに、医師と治療計画にずれが出てしまい治療がうまくいかないこともあるようです。そのため処方されたとおりに薬を飲む事が大切で、もし何かしらの理由で薬を飲む事ができないのであればその原因などをぜひ医師に相談してみるといいでしょう。うつ病というのは短期間で治る病気ではないので焦らずにじっくり治療に取り組むことが大切です。治療中は普段の生活の中にある仕事や家事も少しずつ気楽に、リハビリしているつもりで無理なくするようにすることで回復を早めることができます。うつ病が治って症状が良くなってきたら医師から薬の量を少しずつ減らす指示があり、最後には薬が必要なくなってきます。この時期は注意が必要で再発を防止するためにも定期的に医師の診断を受けるようにしましょう。